知っておきたい採用管理システム

人材採用には様々な業務がありますし、情報も発生します。その多様な情報を一元で管理できるのが採用管理システムです。例えば同じ会社内であっても、正社員を募集したりパートやアルバイトを募集します。それぞれに採用基準は異なりますし、誰がどの案件に応募したのかをきちんと管理する必要があります。このような煩雑な作業を不要とすることができるメリットがありますし、人事の負担を軽減させることができます。他にも様々なメリットがあることから多くの企業が導入を進めています。また、このような管理システムは様々なサービス提供があるので、どれを選べば良いのかといった課題もあります。そのために詳しいサービス内容を把握することが必要ですし、どのように活用すれば良いのかを知っておく必要があります。

採用管理システムのメリットについて

採用管理システムは人材採用において発生するあらゆる情報を一元化できるものです。例えば正社員とアルバイトでは、採用基準が異なります。正社員はスキルや経験を重視しますし、アルバイトはシフトに柔軟に対応できるかなどを重視します。このように異なる条件に合致する人材を募集する上で、時にアルバイトから正社員への登用も期待できる人もいます。そのような情報もきちんと管理しなければ、後で反映されなくなります。そのようなミスマッチをなくすことで管理システムが必要になります。さらに採用システムを改善できるようになっているのも特徴です。効率良く必要とする人材を確保できるようにシステム化するわけですが、社内の部門を超えてシステムを活用できることも大きな特徴と言えます。

採用システムを選ぶ際のポイントについて

採用管理システムは色々と提供されていますが、どれを選ぶのかも重要なポイントです。会社にとってどんな機能が必要なのかを定めることが大切です。扱う情報がどのようなものであるかも知っていかなければ、採用システムの選択は難しいものです。正社員を採用する場合にも、即戦力が必要なのか、それとも将来は幹部候補として必要なのかに分かれます。そしてそれぞれに必要とするスキルや能力は変わってきます。そのような人材確保における情報管理も異なるので、扱う情報の種類によってシステムを選ぶということが必要なわけです。余計な機能があると無駄になりますし、たまにしか採用活動を行わないのに毎月使用料を支払うのも無駄です。用途に応じて必要な機能や料金体系となるサービスを選ぶことが大切です。