採用管理システムの基礎知識の調べ方

採用管理システムは、優秀な人材を効率的に探し出すサポートをするもので、昨今では様々な機能が盛り込まれています。また、支援システムの様式や利用方法が多様化しており、導入にはそれぞれの特徴を適切に把握する必要があります。従来、新規採用や中途採用、そしてアルバイト等の臨時採用では、採用担当者が多くの時間や労力により行なっているのが一般的でした。一方、社会状況の急激な変化から、優秀な人材の確保が難しくなっている現状があります。その為、人材採用には情報の収集と迅速な応募対応が要求されるわけです。そこで登場したのが採用支援システムで、客観的な選考基準によって迅速に選別することが可能になりました。公平性の高い人材選考をシステマティックにすることで、採用管の負担が大幅に軽減され、個々人の応募者を詳細に精査できるようになるのも大きなメリットです。

詳細な条件設定で求める人材を絞り込む

優秀な人材を効率的に採用するには、企業に必要な人材条件を明確に設定することが大切です。但し、選考基準を設定しても、採用担当者によって適用範囲に幅が生じる傾向があります。即ち、求める人材のイメージが共有されなければ、採用者にバラツキが生じるわけです。それ故、採用管理システムには、採用条件設定に関する機能が重要な点となり、設定機能とともに操作性に優れたシステムを導入する必要があると言えます。採用担当者が応募者を評価する際、意識的・無意識的に学歴や経歴に重点を置いています。得てして、企業が求める条件より優先することがあり、結局、優秀な人材を獲得する為の機会損失となってしまうわけです。一方、詳細な条件設定ができる採用支援システムでは、優先すべき条件を選んで設定できるので、公平な判断が可能になります。企業が求める条件から、適用範囲の経歴や学歴を絞ることも可能なので、希望に適った応募者を割り出せるようになります。

人工知能と連動したクラウド型採用システム

採用管理システムには、様々なタイプがありますが、比較的に初期費用が抑えられるものとしては、クラウド型の採用システムがあります。クラウド型においても、求人や候補者管理の進捗状況が把握できる他、求人媒体との連携も可能です。加えて、効果分析等のツールが備わっており、人材採用に関する業務を可視化することが出来ます。それによって、進捗状況が一目で把握できるので、リアルタイムに応募者の情報を社内で共有できます。また、多角的な効果分析によって採用業務が迅速化し、日程調整もしやすくなるのもメリットです。さらに、採用情報の管理を一元管理することで、提携サイトとのコミュニケーションも密接になり、最新情報の入手がしやすくなります。特に人工知能と連動したクラウドシステムでは、格納されたビッグデータを利用して、企業が求める人物像を詳細に割り出すことを可能にします。