採用管理システムを導入することのメリット

採用管理システムは採用に関係する業務をスムーズに行うためのツールで、さまざまな機能があります。採用管理には履歴書の管理や応募者の選考状況のトレース、評価データ管理など、さまざまな管理項目があり、応募者数が増えれば増えるほど、採用に関わる業務も多くなってしまうものです。これらの作業を、システムを使って一貫管理することができるのが採用管理システムで、パソコンを利用することによって採用に関わる業務やデータを一元管理することができます。近年ではクラウドタイプの管理システムを中心に、各メーカーからさまざまなシステムが提供されており、企業や組織の人事担当者によって利用されていて、採用に関する作業時間や人材削減などのコストを削減することが可能です。

採用に時間がかかってしまうと優秀な人材を逃してしまいます

採用に関する情報は以前ではアナログ管理されており、エクセルなどを使って人事部などで管理されていましたが、必要なデータを探すのに時間がかかったり、すぐに採用状況を判断することができないなど、業務の効率化が問題視されていました。採用に関わるコストが増えたり、採用結果の分析に時間がかかってしまい、採用するのに時間がかかってしまうということで、内定を辞退する人も発生しています。採用に関係する業務に追われてしまって、面接に時間をかけられなくなったり、応募者への連絡や対応にミスが発生する可能性がありました。人事スタッフが変更してしまうと、業務の引継ぎに時間や労力がかかってしまい、1人を採用するためにさまざまなコストがかかっていましたが、これらの問題を解決する手法として管理システムが導入されています。

採用管理システムを導入することのメリット

採用管理システムを導入するメリットは、応募者のデータを効率的に管理したり、必要に応じてデータを抽出できたり、すぐに状況をトレースすることができます。人事担当者の負担を減らしたり、人的コストを削減することも可能です。「データの見える化」を推進することができ、さまざまな角度から採用データを分析することができるので、採用戦略を組み立てることができ、無駄な求人を停止したり、スクリーニングを簡略することができます。採用に関する業務工数を減らすことができるので、応募から内定までの時間を短縮することができ、結果的に応募者が辞退することを防ぐことに繋がるでしょう。応募者はたくさんの企業にエントリーしているので、優秀な人材を確保するには採用決定までのスピーディな対応が求められます。